超草食男子な彼

彼女が24歳の時派遣社員として配属された情報システム部は、朝から夕方まで皆黙々と作業を続けるような草食男子だらけの部署でした。
彼女はその部署の事務員として雑務を含む総務的な仕事を任されていました。彼女が彼に目を留めたのは、彼の失礼な態度が気になったからです。
彼はいわゆる協力会社の人間で、名札の色も違えばパソコンの種類も違う。仕事内容も総務事務しか経験のない彼女にとってはさっぱりわからないシステム開発業務。
でも、彼女と彼は座席が隣でした。
朝、彼女があいさつをしても彼は返事をしません。
互いに喫煙者である二人は、喫煙所でたまに二人きりになりました。しかし、あいさつを知らんふりする彼。彼女は新参者の礼儀として頭を下げ続けていましたが、彼に対してあまり良い印象はもてませんでした。でも、同じ部署の他の男性社員は彼をべた褒めします。仕事が早くて丁寧、なくてはならない存在だと褒めます。男性社員が話す彼の評判と、自分の目で見た彼の印象が重なることはありませんでした。
彼はいわゆる超ひっこみじあんだったのです。彼女は後で知ることになりますが、彼は毎回超小声でそのあいさつに返事をしていました。
間もなく部署全体で彼女の歓迎会を開いてくれることになりました。彼女はお酒が入ると優しく話しかけてくれる他の男性社員たちと打ち解け、安心しました。
ただ、その歓迎会には隣の席の彼は来ませんでした。
来てもらっても話すことはないだろうし、今まで散々挨拶を無視されてきたいら立ちが消えることもないだろう。彼女はなぜかその飲み会で彼の事ばかり考えていたのでした。
派遣就業から三か月後のある日、隣の席の彼の協力事業が終了し、彼が本社へ帰って行くことを上司から聞かされます。
彼の送別会の幹事を任された彼女は、休憩中にしかめ面でタバコを吸う彼に勇気を振り絞って話しかけてみました。
「あの……今ちょっと話しかけてもいいですか?」
無視されたらどうしようびくびくしながら話しかけると、彼は予想外の笑顔を返してくれました。心臓の近くの動脈がでたらめに脈打つような不思議な感覚に陥る彼女。
彼女が正直に送別会の会場選びで迷っていると告げると、彼はうれしそうに笑いました。
「それって送別会の主役に相談していいの?」
「すみません、でも、主役が好きなお店なら間違いないかなと思って」
彼女はタバコを一口吸ってもみ消しました。なぜか彼にタバコを吸っているところを見られるのが嫌でした。
「じゃあさ、パソコン見ながら一緒に選ぼうか」
「はい、ありがとうございます」
二人は一緒に居酒屋を探しました。彼女はその間中おかしな心臓の鼓動につき合わされ、またそれが彼の耳に届かないようにおかしな緊張を続けるのでした。
「この和食ダイニングっていいね。写真で見ると料理はおいしそうだけど、食べてみてがっかりってこともあるよね」
「あの、下見に行きませんか?」
「下見?」
彼は心底驚いた顔で聞き返してきました。
「いいけど、なんかおかしいね。僕の送別会の下見を、僕がするってのは」
おもしろいと笑う彼の笑い声が心地よく耳に響いて、彼女は自分が恋に堕ちた事を確信します。最初の印象が最悪だった分、彼を知れば知るほど魅力的な男性であることに気が付く彼女。
下見に行った和食ダイニングで、二人はお互いの最初の印象とか、仕事の中身とか、最近ハマってる心理学とか対して面白くもない話をしたのです。
「私ははっきり言ってあまり第一印象は良くなかったんです。だって、挨拶しても返してくれないんですもん」
唇をとがらせてすねたように彼に言うと、彼は「まいったな」と言いながらタバコを指でもてあそびます。
「君みたいにきれいな子を目の前にしたら、どんな男でも萎縮するよ」
彼は端正な顔をくしゃっとつぶして笑いました。それは決してかっこいいという表現からはほど遠いものだったけど、彼女はその笑顔をずっと見ていたいと思いました。
女友達と一緒にいる時のように爆笑することはなかったけど楽しくてしょうがない、そんな時間があっという間に過ぎてしまいます。
二人は携帯番号とメールアドレスを交換して、彼女は終電の待つホームに走ります。
周りは皆似たような表情で目を合わせないようにしている電車の乗客たち。今ここに彼がいたら暗い空間が明るくなるだろうな。彼女がそう思ったその時、彼からメールがきました。
「今日はありがとう。僕も終電間に合ったよ。今君がここにいたらいいのに、って思う」
彼女はお酒で気持ちが高ぶったのか、こんなに人を好きになったのが初めてだったからなのかわからずただ溢れそうになる涙を堪えました。
「今すぐ電車を降りて会いに行きたいです」
そうメールを送りましたが、草食の彼が彼女を家に泊めるのはその一カ月後です。
最悪な第一印象の彼でしたが、今では二人の可愛い息子たちと遊んでくれる、優しいパパです。

少年の恋は永くて恥ずかしくて

「俺、あいつと付き合うことになった」
そう言って口にした友達の告げる女の子の名前は、中学時代に聞いた名前だった。

彼は昔、その女の子のことが好きで、一時は付き合っていたんだとか。子供の時のことだから、すぐに分かれてしまったんだが結局ずっと忘れられなくて告白した所成功したとかなんとか。
なんと驚きもしないことにそのことを話しているのは今のところ俺だけだという。
そして、そいつは言うんだな。こっちのバツが悪くなることを。
「お前だから話したんだよ」

実は、俺の彼女は小学校の時の初恋の人だ。
書いてて恥ずかしい話だけれど、好きになったのは一瞬だった。

彼女とは部活で一緒だった。
そして、同じアパートに住んでいた。あいつは二階で俺は一階。
小学校の頃の俺はとても小学生をしていたので、落ち着きがなく、いつも何かにぶら下がっているような子供だった。鉄棒とかな。
学校の帰り。たまたま帰りが一緒だったんだけれど(帰る道一緒だしな)、俺はいつものように塀を登ったり屋根にぶら下がったりしていた。
そうしたらあいつはぶら下がってる俺を引き抜いて地面へとたたき落としたんだ。
そして笑ってた。すんごい楽しそうに笑ってた。

今だから言えるけれど、あいつは猫かぶりだったんだ。みんなの前ではいつも優等生ぶって、実際頭も良くて、何より優しそうな雰囲気を出していた。
実際はわがまま女王。しかも凄いSっ気のあるやつなんだ。

でも、当時は知らなかった。だから俺は何がなんだかわからなかったけれど、なんでだろうな、好きになっていた。
今考えると、みんなは知らない一面を俺だけが知っているという愉悦に浸ってしまったんだろうか。これは永遠の謎だ。

そんなこともあり、俺の積極的なアピールが始まるかとおもいきや俺はそれから中学二年生まで、惚れていることをひた隠しにしていた。
小学生にありがちなアレですよ。恥ずかしいんだよ。

でもな、そんな恥ずかしがり屋な俺にはもっと恥ずかしい決心があってだな。あれだ。
身長を抜いたら告白するというやつだ。そういう決まりをつけないと、恥ずかしくていつまでも言えないからなんだけどな。
しかし、俺の成長も悪く、更にあいつの成長はやたら良く。
しかも、それをまたずタイミングの悪いことにあいつはなんかモテ期の絶頂。おれはヤキモキしてましたよ。
結局中学二年生まで計画は実行できず、しかし運の良いことに、中学校二年生になった頃まであいつはまだ誰とも付き合っていなかったのだ。
そして告白したら、付き合えましたとさ。恥ずかしいから詳細は書かないでおく。

でも、高校に入学する頃、俺らは受験だので忙しくて、気が付いたらそのまま関係は自然消滅していた。
まぁ、子供の恋なんてこんなもんだよね。
そんなことを思いながら大学生になるまで2人程と付き合ったりしたわけだ。
でも、結局なんだろうか。物足りなかった。

そんな時、同窓会でまたあいつと出会いました。
運命でも何でもない場だったけれど、俺は会いたいと思っていた時にあいつと出会ったことになんか感動的なものを覚えてしまった。
だから感情に身を任せてあいつにもう一度告白したんだ。ない頭で考えた俺がダメだった点を踏まえてお付き合いを申し込んだ。
一生退屈はさせないからと。

まぁ、OKは出なかったよね。

でも、それから何度も会いに行ってなんとかOKをこじつけました、と。
毎回口実どうしようかとか、嫌われてやしないだろうかとか、キザすぎやしないだろうかとかいろいろ考えてメール打ってたことも一応ここに書いておく。

さて、友達と冒頭の会話をしたのはもう一年も前の話なんだけれど、今度また会う約束をしている。
彼は一足早く結婚するんだとか。
俺が出世したら結婚しようと考えているんだけれど、それはいつになることだろうか。

自分で自分じゃないなと感じた恋。

3年間愛人をしていました。
最初から結婚している人だという事は理解していたのです。なので、好きにもならなかったし、ただの既婚者の人だと認識して接していました。
過去に水商売をしていた経験もありますが、お客様と付き合った事も既婚者の方に惹かれた事もなく、ただの仕事として割り切っていました。
不倫相手の顔は好みではなかったですし、その頃私にはもう完全に冷めきってはいましたが彼氏がいたのです。
大勢で飲みに行った席で不倫相手の彼から(本当にタイプ。)(好きになった)(今度二人でデートしよう)と言われたのですが、
(結婚してる人と付き合えるほど私もう若くないんです。私の結婚適齢期の期間は棒にふれません)とはっきり伝えていました。
ただ、彼とは食べ物の趣味も合うし、お互いお酒が強く、日本酒などを飲んでもお互い崩れる事はなかったのです。
そして、付き合ってなんて困らせる事は一切言わないから一日だけデートしてほしいとお酒の絡んでいない席で言われたので、
最初にきちんと付き合う気はないと伝えているし、食事位ならいいやと思って快諾しました。
夜から会うのかと思ったら、待ち合わせは朝の9時と言われ、車で私の家の近くまで迎えに来ました。
そしてそのまま飛行機で福岡へ。
観光をして、屋台でお酒を飲んでと、一般人の私からしたらかなり贅沢なデートを体験させてくれました。
きちんと最終の飛行機で帰ってきたのですが、
別れ際に(結婚してるけど、本当に好きになってしまった。こんな事を言われても困るだろうし、僕も自分で何を言ってるかわからない)というので
(奥さまとうまくいってないのですか?私は二番目にはなれません)と言ったのですが、
(愛人としてではなく彼女になってください)と言われたのです。
彼女も言い方が違うだけで、結果愛人だろと思ったのですが、一緒に居たら楽しかったし、どうせ長続きしないだろうから
試しに付き合ってみようと思って、その日のうちに冷めきってた彼氏と別れ、愛人の道へ。最初は高価なプレゼントに豪華な食事。
泊まるホテルも一流とセレブ気分を存分に味わわせてくれたので、私の心の中でも
奥さんになりたいとか家庭を壊したいとか思っていないし、これ位の贅沢は甘えていいだろうと麻痺してきたのです。
お金持ちだったので私にマンションを借り、彼は家庭に帰らず、こちらに入り浸るように。
するとこちらが家庭のようになり、たまに帰る本妻の家のほうが刺激を感じるようになったようで、こちらに仕事のストレスをぶつけたり、喧嘩が多くなり
私も彼に対してどんどん依存してしまい、束縛し、家庭に帰る彼を引きとめたりしていました。
意地になってる自分と、人のものを自分のもののように勘違いしてる自分が怖くなり、泣きながら不倫相手に電話をし、別れを告げました。
ゴールも結末もない恋愛に翻弄され、自分を見失った恋。
あの頃の自分が嫌いで情けないです。