私が結婚した理由について

「結婚」を望んでいる男女は非常に多いようですが、誰しも望んだからと言って結婚できると言う訳では無いのが現状です。もちろん、それは当人に原因があるのかもしれませんが、「良いタイミング」に恵まれないもしくは逃してしまったから結婚が出来ないのかもしれません。そもそも結婚を期待していないという方も居ますし、出会いがあるかどうかよりもきっかけをつかめるかどうかの方が大切なような気がします。かくいう私も結婚はしていますが、結婚願望があったと言う訳ではありませんでした。むしろ、その時は「結婚なんてまだまだしたくない」と思っていたくらいです。

私が結婚をした理由は、端的に言えば子供が出来たからでした。いわゆる「出来ちゃった婚」と言うものです。
妻とは学生時代から交際していましたが、遠距離だったこともあり余りあう機会はありませんでした。多い時でも年に2~3回と言う状況でしたが、私にとっては好都合でもありました。と言うのは、私はその当時、数名の女性と掛け持ちで付き合っていたからです。本命は今の妻だったのですが、ほとんど会う事も出来なかったこともあり、学校やバイトの友人数名とも交際していました。特に結婚に対して意識することもありませんでしたので、「バレて振られたらそれでいいや」という感覚でした。

それが、私が社会人となってしばらくたった頃、私は妻と同棲することになりました。計画的にではなく突発的な理由だったので正直嫌だったのですが、仕方なく同棲をすることにしました。それから1年程経った頃、私は他に好きな人が出来てしましました。

私は悩んだ挙句、同棲相手(今の妻)と別れる決心をしました。タイミングを見計らい別れを切り出そうとした日、朝起きると一通の手紙が置いてありました。そして、そこには「妊娠した」という一言が書かれていました。

私は悩みました。その時点ですでに気持ちは次の女性に行っていましたし、結婚はおろか親になるという事に対して全く考えていなかったからです。しかし、私も少しはまともな感覚を持っていたようで、しばらく考えた末に結婚する決心をしました。

私の場合、狙って結婚をした訳では無いですし、したくてした訳でもありませんでした。しかし、結婚すると決めてから今までは子供のおかげもありとても幸せに過ごすことが出来ています。別れを切り出そうとした正にその日に妊娠の報告を受けたのは偶然なのか必然なのかは分かりません。しかし、それが無ければ結婚していなかったかもしれないと思います。

つまり、大切なのは気持ちや欲求では無く「タイミング」だと思います。「結婚する事」を意識しすぎないでいた方が良いのかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です