みんなに助けてもらってできた結婚式は一生の思い出!

私は結婚式を挙げるつもりではありませんでした。何故なら私の夫には固定した仕事がありませんでしたし、二人の預貯金を足しても結婚式を挙げられるほどは資金を用意できませんでした。ですから籍だけ入れて結婚式は挙げないでおこうと言うことに決めたのです。それが覆ったのが私の実家に彼と一緒に帰った時でした。父と彼は初顔合わせでドキドキしていたけどなんだか仲良さげにやっていたのでほっとしました。しかし結婚式を挙げないと行ったときに父の目の色が変わりました。父は絶対に結婚式を挙げてほしいと言ったのです。結婚式で娘を送り出すのが夢だとも言っていました。こうしてうちの父と母にも協力してもらって結婚資金をかき集めました。最終的には私の両親だけではなく、彼の両親にも少しカンパしてもらって結婚式を行いました。
結婚式をなるべく負担なくするにはたくさん招待客を招くのが一番です。ですから小中高の友人に片っ端から招待状を送って参加してくれるように頼みました。するとみんな快く集まってくれました。しかも友人たちがいろんなパフォーマンスで盛り上げてくれて、本当に忘れられない結婚式になりました。どの席も笑顔が輝いていてこちらも嬉しかったです。みんながニコニコしているのでこちらもニコニコしました。本当にステキな結婚式になって良かったです。
そしてラストの父からの手紙は本当に胸をぎゅっと捕まれたような気がして気づいたらボロボロ涙が出ていました。子供の頃のことが思い出されて本当に寂しくなりました。またこれまで育ててくれてありがとうと心の底から言えたと思います。こんなあったかい両親に育ててもらったおかげで無理だと思っていた結婚式も無事挙げられました。忘れられない結婚式になって、結婚式を挙げて良かったと思いました。
やっぱり結婚式は一生ものです。これを挙げないと私はきっと後で後悔していたと思います。父があの日結婚式を挙げてほしいと言ってくれたおかげで私は後悔せずに済みました。みんなの笑顔が本当に嬉しい結婚式でした。夫と末永く幸せになりたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です