30代後半の中年男性が結婚したくて婚活に専念

子供の頃は結婚は誰でも適齢期になれば、自然に出来るものだと当然に思っていました。子供が大人に成長するように、学校に通うように当然の権利だと考えていたのです。

今は笑い話ですが、その気持ちは20代前半の頃も持っていました。しかし、いつからか出会いがなく付き合う女性もいない現状に気が付くと、自分は取り残されたのだと強く自覚するようになりました。それは30代の半ばという、とても遅い時期でした。

それからは出会いを求めて、婚活パーティーに積極的に参加しています。しかし条件面でパーティーに参加できない事も多々あります。

今は男性の条件が厳しく、年収や卒業大学、就職先で参加できない事が多いのです。そして、そういった条件が厳しいパーティーほど、女性も多く良い人が多いのです。

女性も結婚したくて真剣なのである意味当たり前なのですが、それほど男女共に結婚をしたいという強い願望の結果なのです。

私は30代後半になり、婚活に積極的に参加するようになって数年が経過しています。薄給という事もあり、毎週のように婚活パーティーに出席すると、小遣いが足りなくなり、税金や他の出費が多いときは貯金を切りくずして参加しています。大変な面もありますが、これが自分の現状で、今結婚を逃すと間違いなく生涯独身という恐怖心があります。

最近はパーティーの場でカップルにさえ成立しないので、残念で悲しい気持ちのまま会場を後にする事も多いですが、それでも諦めずに参加し続けます。最後にはきっと素晴らしい出会いに変わると信じているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です