大学の職員さんに恋をして。

私は大学生の時学校で働く職員さんに恋をしていました。その職員さんは学生課で働く事務員の方だったのですが、いつも熱心で優しくて結構多くの学生に人気があったと思います。私はボランティアサークルに所属していたのですが、時たまその職員さんも参加していてそれがきっかけでより深く仲良くなりました。
職員さんは学生時代ボランティアサークルに入っており、たまたま私達のボランティア先とその職員さんのかつてのボランティア先が同じだったという縁があり、いつのまにか一緒に活動することになっていました。普段よりもボランティア活動の最中は近くで、またゆっくりとその方と接することができるので、月に1度あるボランティアの日がとても楽しみでした。
私の周りでその職員さんのことが好きだという子はたくさんいましたが、あくまでも恋愛対象外でした。やはり大学生と大学職員という立場なので恋愛対象に思えない人も多かったのではないかと思います。私自身はそんなことは関係ないと思う程その職員さんのことが気になっていて、いつも会う度にドキドキしていたと思います。普段お仕事をされている時とボランティアの時の雰囲気の違いだとか、今日着ているスーツがかっこいいだとか、その職員さんに関することで毎日喜んでいました。
そんなある時私を落ち込まさせるある事件がありました。それは職員さんの結婚報告です。彼女がいるかいないかなかなか聞けなくて知らなかったためとても衝撃的でした。相手は大学生時代同じサークルだった同級生の方だそうです。数か月後に結婚式を控えており、とても幸せそうでした。
周りの皆はお祝いムードになっていて、私自身もみんなと一緒にお祝いの寄せ書きなどをつくりましたが心の中は辛い気持ちでいっぱいでした。私が職員さんの同級生だったらよかったのにと何度も思いました。時は違えど同じサークルに参加しているという点は共通していたので何だか悔しくなってしまったのです。
今となってはこの片思いはほろ苦い、青春時代の思い出です。恋愛という言葉を耳にするとこの時のことを思い出されます。