結婚式を迎えるその日

20代後半の時、会社にまた未成年の女性が入社してきました。まだ学生で働きながら学校に通っている女性でした。

私も同様に若いことには働きながら学校に通っていた経験もあり仲良くなるのは時間の問題でした。すぐに仲良くなり連絡先を交換はしましたが、お互いに用事がなかったせいか仕事時間以外で連絡をとることはありませんでした。

その女性の歓迎会があり、未成年ということで飲酒することはなく元気にみんなに挨拶していました。はじめから元気でしっかりした女性だとは感じていましたか、未成年の酒をついでまわる姿を見て一層しっかりした女性だと強く感じることができました。その帰りに急接近することになりました。私は飲酒していたこもあり、その女性から自宅まて送ってもらうことになりました。帰りの道中30分程度でしたが、会話が途切れることはありませんでした。

そのなかで遊びに連れていってほしいと何回もきかされたので、いつでも連絡していいよって伝えるととても喜んでいるように感じました。それから1か月後には付き合うことになりました。彼女とは年8歳も違うことにひっかかりましたが、合わなかったら分かれればいいって割り切って付き合うことになりました。付き合い始めて性格が似ているせいか年の差を苦に感じることはありませんでした。逆に年のわりに大人びた考え方をしていることや世渡り上手な面を多々見ることがありました。また私の親の心配をしてくれたり、旅行の歳には私だけでなく私の親にもプレゼントを買ってくれたりしていました。

2年が経過した頃に結婚を考えるようになり、彼女の両親に挨拶な行ったときには娘はわがままで気遣いができないから嫁に出すには早すぎると考えていると彼女の両親から伺いました。私は付き合い始めてからの経緯について説明すると両親はとても驚いていました。話し合いを重ねるごとに結婚に合意をもらうことができました。準備期間に半年ほど要しましたが、その期間も楽しく新生活の準備をしながら結婚式の準備も重ねていきました。ついに結婚式を当日に迎え、式場に向かう前に市役所に行って婚姻届を提出していこうと約束していたにもかかわらず、朝起きた時には彼女がいませんでした。

電話してもでないのでとても困惑していた記憶があります。今となっては笑い話ですが、当時は善からぬ想像を膨らませていました。ちょうどその時、彼女の自宅から私のケータイに着信がありました。直感的に嫌な予感がしました。

しかし、その電話はとても感動する話でした。朝早くに娘が帰ってきてテレビでよくみるように、今日まで色々と大変お世話になりましたと頭を下げに帰ってきたと彼女の父親から連絡がありました。あの声から想像するに感動して泣いているに違いないと感じました。その父親から、私が彼女を成長させてくれたと、その時に始めて聞かされ、とても感動しました。結婚式ではこの感動ストーリーを話さない理由が見つからず、その話しをスピーチで話しているときに彼女の父親は知らないふりをしていたのをよく記憶しています。

婚約してから、結婚式までの一ヵ月半

私は2012年11月に結婚しました。主人とは結婚するちょうど一年前の2011年11月に付き合い始めました。付き合い始めた当初から二人とも結婚を意識していて、2012年の9月に主人からプロポーズされ、その場で承諾。そこまでは本当に幸せで順調だったのですが…。

すぐに主人は私の両親のところにあいさつに来てくれました。両親にも、結婚したい人がいると、前々から言っていたので、結婚自体は了承してくれたのですが、問題は結婚する時期でした。私たちは早く結婚して二人で新しい生活を始めたい、結婚式なんてしなくても、籍だけ入れればいい、と思っていて、「もう来月には籍を入れる予定だから。」という感じでした。当然、私の親は、「結婚はめでたいが、そんなに急いでするものじゃないし、一生に一度なんだから、ちゃんと結婚式をした方がいい。」と主張。式も上げない結婚なんて認めない!という感じで話がこじれてこじれて…。当初は、主人も結構強気で、僕たちはもう決めているんですから!みたいな感じでした。

でも、主人の母(私から見るとお姑さん)が、私の両親もきちんと同意して、祝福してもらったうえで結婚した方がいい、と言ってくれたので、私も譲れるところは譲ろう、と思う事にし、簡単な結婚式を挙げることにして、11月に結婚式をすることができました。私たち二人の家族と、数人の親しい友達しか呼ばず、披露宴なども無し、というシンプルなものでした。それでも、ドレスを着て、一緒に写真をとったので、母は満足そうでした。

今思えば、きちんと結婚式をして、両親や友人の前で誓いの言葉を言えたので、よかったなと思っています。両親との仲は少し、ぎくしゃくしましたが、今は普通に戻りました。
もう嫁に出るのだから、と思っていましたが、実の両親との関係がなくなるわけではありません。みんなに祝福されて結婚するのが一番いいと思いました。そして、結婚して二年経ち、今とても幸せです。

大学の職員さんに恋をして。

私は大学生の時学校で働く職員さんに恋をしていました。その職員さんは学生課で働く事務員の方だったのですが、いつも熱心で優しくて結構多くの学生に人気があったと思います。私はボランティアサークルに所属していたのですが、時たまその職員さんも参加していてそれがきっかけでより深く仲良くなりました。
職員さんは学生時代ボランティアサークルに入っており、たまたま私達のボランティア先とその職員さんのかつてのボランティア先が同じだったという縁があり、いつのまにか一緒に活動することになっていました。普段よりもボランティア活動の最中は近くで、またゆっくりとその方と接することができるので、月に1度あるボランティアの日がとても楽しみでした。
私の周りでその職員さんのことが好きだという子はたくさんいましたが、あくまでも恋愛対象外でした。やはり大学生と大学職員という立場なので恋愛対象に思えない人も多かったのではないかと思います。私自身はそんなことは関係ないと思う程その職員さんのことが気になっていて、いつも会う度にドキドキしていたと思います。普段お仕事をされている時とボランティアの時の雰囲気の違いだとか、今日着ているスーツがかっこいいだとか、その職員さんに関することで毎日喜んでいました。
そんなある時私を落ち込まさせるある事件がありました。それは職員さんの結婚報告です。彼女がいるかいないかなかなか聞けなくて知らなかったためとても衝撃的でした。相手は大学生時代同じサークルだった同級生の方だそうです。数か月後に結婚式を控えており、とても幸せそうでした。
周りの皆はお祝いムードになっていて、私自身もみんなと一緒にお祝いの寄せ書きなどをつくりましたが心の中は辛い気持ちでいっぱいでした。私が職員さんの同級生だったらよかったのにと何度も思いました。時は違えど同じサークルに参加しているという点は共通していたので何だか悔しくなってしまったのです。
今となってはこの片思いはほろ苦い、青春時代の思い出です。恋愛という言葉を耳にするとこの時のことを思い出されます。

結婚式ってどうしてあんなに泣けるのでしょうか?

結婚式ってどうしてあんなに泣けるのでしょうか?
後々ビデオとか見たり、よくよく考えたりすると、そんな大泣きする要素などないのですが、当時の私は、まわりが引くほど泣いてしまっているのです。
人の結婚式でも、泣いてしまう私は、自分の結婚式では一体どうなるんだろう、とちょっと心配していましたが、果たして、その通りでした。
雰囲気に飲まれるというか、本当に自分でも訳が分からないのですが、花嫁入場から大泣き。後はずっと泣き腫らした目で式を行わなければなりませんでした。
おまけに、結婚写真の前撮りが出来なかった私達は、式の途中で抜け出て、写真を撮らなければなりませんでした。
「申し訳ございませんが、これ以上泣くのはちょっと、、、」
と、カメラマンの人にも言われてしまいました。
それで、自分でも気を付けていたのに、やっぱり駄目なんですよね。
今から思うと、独身の、本当に独り身の時から、今の旦那さんとの出会いがあって、結婚の運びになるまで、やはり紆余曲折あるわけで、楽しかった事もあれば、苦しかった事もありましたし、そういう事を思い出したり、私は、結婚する3年前に、父を亡くしましたので、
「お父さんが生きてたら、喜んで、たくさんお酒飲んで、酔っぱらっているかもなあ」
とか、考えてしまったのです。
結婚式でよくありますよね。
あの、新郎新婦の生い立ちを、映像にして映す、あれです。
実は私達は、あれはやりませんでした。
撮影時間が意外にかかるという事が分かったのと、絶対私の涙腺が、破壊されてしまう、と思ったので、打ち合わせの段階で、外してもらったのです。
時間が空くが、何か入れるか?と聞かれましたので、従兄弟の女の子に、余興をお願いしました。
目出度い席なので、是非とも笑って過ごしたかったのですが、一人だけ、涙、涙になってしまいました。
私の母などは、私が泣いているのを見て、
「あんた、泣きすぎ」
と、呆れて言ったくらいです。
家族全員、あまり私が泣くもので、かえって涙も引っ込んだようでした。