みんなに助けてもらってできた結婚式は一生の思い出!

私は結婚式を挙げるつもりではありませんでした。何故なら私の夫には固定した仕事がありませんでしたし、二人の預貯金を足しても結婚式を挙げられるほどは資金を用意できませんでした。ですから籍だけ入れて結婚式は挙げないでおこうと言うことに決めたのです。それが覆ったのが私の実家に彼と一緒に帰った時でした。父と彼は初顔合わせでドキドキしていたけどなんだか仲良さげにやっていたのでほっとしました。しかし結婚式を挙げないと行ったときに父の目の色が変わりました。父は絶対に結婚式を挙げてほしいと言ったのです。結婚式で娘を送り出すのが夢だとも言っていました。こうしてうちの父と母にも協力してもらって結婚資金をかき集めました。最終的には私の両親だけではなく、彼の両親にも少しカンパしてもらって結婚式を行いました。
結婚式をなるべく負担なくするにはたくさん招待客を招くのが一番です。ですから小中高の友人に片っ端から招待状を送って参加してくれるように頼みました。するとみんな快く集まってくれました。しかも友人たちがいろんなパフォーマンスで盛り上げてくれて、本当に忘れられない結婚式になりました。どの席も笑顔が輝いていてこちらも嬉しかったです。みんながニコニコしているのでこちらもニコニコしました。本当にステキな結婚式になって良かったです。
そしてラストの父からの手紙は本当に胸をぎゅっと捕まれたような気がして気づいたらボロボロ涙が出ていました。子供の頃のことが思い出されて本当に寂しくなりました。またこれまで育ててくれてありがとうと心の底から言えたと思います。こんなあったかい両親に育ててもらったおかげで無理だと思っていた結婚式も無事挙げられました。忘れられない結婚式になって、結婚式を挙げて良かったと思いました。
やっぱり結婚式は一生ものです。これを挙げないと私はきっと後で後悔していたと思います。父があの日結婚式を挙げてほしいと言ってくれたおかげで私は後悔せずに済みました。みんなの笑顔が本当に嬉しい結婚式でした。夫と末永く幸せになりたいと思いました。

不倫の背徳感は病み付きになりそう

私は現在結婚しています。イケメンでもなければ資産がある訳でもありませんし、特別な才能(画家や音楽家、スポーツ選手)がある訳でもありませんが、どういう訳かモテます。自分で言うのもなんですが、学生時代からずっと彼女もしくはそれに類するパートナーがいない時期と言うのはありませんでした。周りからは羨望のまなざしを向けられる事も多々あり、いわゆる「学校のアイドル」とも良い関係になったりもしました。もう一度言いますが、私は決して容姿が良い訳では無いです。

友人曰く、私が持てるのは「内面」だという事です。性格的な事に加えて「フェロモン」が出ているのだとか。自分ではわかりませんが、知らず知らずのうちに気になってしまうという事でした。自分で自覚していませんし、自覚するのは無理だと思います(女性にしか感じない?)が、そのおかげで修羅場になってしまう事もあります。

私は現在30歳で、2年ほど前までは飲食関係の仕事をしていました。その職場では役職者として勤務していましたが、お店の従業員3名と男女の関係になり修羅場に発展してしまいました。相手の年齢はバラバラで、下が19歳、上が33歳でしたが、みんなそれぞれ仲の良いグループでした。

私が特に口説いたとかアタックしたと言う訳では無く、基本的には告白されたり成り行きで関係を持ってしまったという状況ですが、彼女たちはお互いに事実を知らずに私と交際(?)していました。ただ、私が既婚者であることだけは明言しており、子供が一番大切だということも理解してくれていたので離婚などとと言う話は一切ありませんでした。

しかし、女子会でのカミングアウトがきっかけで自分以外にも同様の関係人なっている人がいるという事を知り、その足で私は3名から追及を受けることになってしまいました。そして、「誰を選ぶの?」という選択を迫られることになりました。正直なところ、私としては全員と関係を清算しても良かったのですが、その中の一人だけ体の相性が物凄く良い女性がいたのでその女性を選ぶという回答をしました。

その後、他の2名とは関係を終わらせました。その時選んだ1名とはその後もしばらく関係は続きましたが、状況の変化も相まって「悪い事をしている」という背徳感がとても気持ち良かったです。決して正しい話ではありませんが、常に恋愛に対して新鮮な気持ちでいる事も出来ましたし、ある種の刺激にもなり良かったのかもしれないと思っています。

私が結婚した理由について

「結婚」を望んでいる男女は非常に多いようですが、誰しも望んだからと言って結婚できると言う訳では無いのが現状です。もちろん、それは当人に原因があるのかもしれませんが、「良いタイミング」に恵まれないもしくは逃してしまったから結婚が出来ないのかもしれません。そもそも結婚を期待していないという方も居ますし、出会いがあるかどうかよりもきっかけをつかめるかどうかの方が大切なような気がします。かくいう私も結婚はしていますが、結婚願望があったと言う訳ではありませんでした。むしろ、その時は「結婚なんてまだまだしたくない」と思っていたくらいです。

私が結婚をした理由は、端的に言えば子供が出来たからでした。いわゆる「出来ちゃった婚」と言うものです。
妻とは学生時代から交際していましたが、遠距離だったこともあり余りあう機会はありませんでした。多い時でも年に2~3回と言う状況でしたが、私にとっては好都合でもありました。と言うのは、私はその当時、数名の女性と掛け持ちで付き合っていたからです。本命は今の妻だったのですが、ほとんど会う事も出来なかったこともあり、学校やバイトの友人数名とも交際していました。特に結婚に対して意識することもありませんでしたので、「バレて振られたらそれでいいや」という感覚でした。

それが、私が社会人となってしばらくたった頃、私は妻と同棲することになりました。計画的にではなく突発的な理由だったので正直嫌だったのですが、仕方なく同棲をすることにしました。それから1年程経った頃、私は他に好きな人が出来てしましました。

私は悩んだ挙句、同棲相手(今の妻)と別れる決心をしました。タイミングを見計らい別れを切り出そうとした日、朝起きると一通の手紙が置いてありました。そして、そこには「妊娠した」という一言が書かれていました。

私は悩みました。その時点ですでに気持ちは次の女性に行っていましたし、結婚はおろか親になるという事に対して全く考えていなかったからです。しかし、私も少しはまともな感覚を持っていたようで、しばらく考えた末に結婚する決心をしました。

私の場合、狙って結婚をした訳では無いですし、したくてした訳でもありませんでした。しかし、結婚すると決めてから今までは子供のおかげもありとても幸せに過ごすことが出来ています。別れを切り出そうとした正にその日に妊娠の報告を受けたのは偶然なのか必然なのかは分かりません。しかし、それが無ければ結婚していなかったかもしれないと思います。

つまり、大切なのは気持ちや欲求では無く「タイミング」だと思います。「結婚する事」を意識しすぎないでいた方が良いのかもしれないです。